自己評価 令和2年度 | かざぐるま保育園 | 社会福祉法人ひだまり会

令和2年度 自己評価

保育概要

自己評価責任者 かざぐるま保育園 理事長 / 園長 肥喜里 香織 ヒキリ カオリ
運営主体 社会福祉法人 ひだまり会
保育園名 かざぐるま保育園(評価時 定員80名)
評価実施年月 令和2年4月1日 〜 令和3年3月31日
発達過程とクラスの相関性 紙風船組 [ 0,1歳児( 生後2ヶ月~ )]
けん玉組 [ 2,3歳児 ]
竹とんぼ組 [ 4,5歳児 ]

令和2年度 総評

「保護者がホッとする保育士としての会話術」「保護者と心が通い合う連絡帳の書き方」等、日常の保育の中で見えてきた課題を事例として挙げ、相互に対応を学び合った。
「幼児期」の大切な時期の子どもをお預かりする上で、保護者をはじめとした周囲との信頼関係を築くためにも、保育士には「接遇=心配りのある対応力」が求められます。

今後も子どもへの接し方、保護者対応等、保育士に必要な待遇マナーやルール等の基本的なポイントを押さえつつ、園の方針に沿って「安心して子どもを預けられる保育士」「園の顔となる保育士」を目指します。

令和2年度の自己評価はコチラ

平成31年度の自己評価はコチラ

平成30年度の自己評価はコチラ

平成29年度の自己評価はコチラ

平成28年度の自己評価はコチラ

平成27年度の自己評価はコチラ

平成26年度の自己評価はコチラ

平成25年度の自己評価はコチラ

平成24年度の自己評価はコチラ

Λ PAGE TOP